カテゴリ:J1 > 山形

    昨年同時期比で、入会者数は5割増■
    2015年からサッカーJ1で戦うモンテディオ山形は、いずれもホームで、リーグ戦全試合とヤマザキナビスコ杯の予選リーグを観戦できるシーズンシート入 会キャンペーンを展開している。21日まで先行入会を受け付けており、昨季の同時期と比較して入会者数は5割増しと好調だ。チーム成績に比例し、サポー ターの増員に向けて追い風が吹いている。

     18日は正午から約1時間、県庁食堂前で入会促進イベントを繰り広げ、同社の中井川茂敏常務らが会員登録を呼び掛けた。同社によると、シーズンシートの 特典として、一般チケット(前売り)の全試合分と比べて、約3~5割の割引率になるという。シーズンシート料金では、先行入会の場合、ホーム自由席一般が 通常料金2万7千円を2万5500円で購入できる。

     18日現在、シーズンシート会員は約1300人。来季は戦いの舞台をJ1に移し、仙台との「みちのくダービー」のほか、浦和などビッグクラブとの対戦も 控え、集客が見込まれる。日程などによっては前売り段階でチケットの確保が難しくなる状況も想定され、入場が確実なシーズンシートの入会を呼び掛けてい る。

     中井川常務は「クラブ、サポーターが一体となって戦っていくため、スタジアムに多くの人に足を運んでもらいたい」と話している


    引用元:http://yamagata-np.jp/news/201412/18/kj_2014121800469.php





    SnapCrab_NoName_2014-12-19_6-23-51_No-00



    SnapCrab_NoName_2014-12-7_17-32-7_No-00



    SnapCrab_NoName_2014-12-7_17-23-54_No-00





    3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 22:20:26.76 ID:UzcKCn480.net
    徳島は4000 →8000


    【J1凄い…モンテディオ山形、シーズンシートの入会者数が5割増しに】続きを読む

    ■宮阪選手、残留へ■

    SnapCrab_NoName_2014-12-17_6-43-15_No-00

    SnapCrab_NoName_2014-12-17_6-42-56_No-00

     来季4年ぶりにJ1昇格を果たすモンテディオ山形に、吉報が届いた。 同じく来季J1に昇格する松本山雅FCから獲得オファーが届き、去就が注目されていたMF宮阪政樹(25)の山形残留が決定的になったことが16日、複数 の関係者の証言で明らかになった。正確なFKと豊富な運動量を兼ね備える守備的MFの残留で、来季の戦力構想の核が出来た。また、スポーツ報知既報通り、 J2ザスパクサツ群馬のDF瀬川和樹(24)が山形に完全移籍することが同日、正式発表された。

     “山形の宝”が残ることが確実となった。宮阪は、2012年に明大から山形に入団。今季はダブルボランチの一翼を担い3季連続開幕スタメンを果たすと、チームで唯一、リーグ戦全試合先発出場。初めて副主将を務め、若手の良き理解者としてチームを支えてきた。

     Jリーグ屈指の正確なFKが最大の武器で、セッ トプレーからのチャンスを得点につなげる山形の必勝パターンの演出者。さらに、今季は8得点中5得点を直接FKで挙げており、通算12得点はJ2歴代2 位、現役選手では1位の記録だ。山形の石井肇テクニカルディレクター(55)も、その才能に「山形の宝」と高く評価していた。

     一方、松本は今季J2リーグ戦2位で、早々と初のJ1昇格を決めた。セットプレーからの得点と走力で圧倒する松本のスタイルを進化させる存在として、今季で山形との3年契約が満了する宮阪に注目。10月には獲得オファーを出していた。

     悩んでいた宮阪だが、山形も今月7日にプレーオ フを勝ち抜いてJ1昇格が決定。さらに残留に大きく傾いた理由は「J1昇格&天皇杯報告会」が行われた14日、石崎信弘監督(56)との約1時間にわたる “極秘会談”だった。来季のチーム構想に必要不可欠な戦力であることを説明され、心が動かされた模様だ。

     来季に向け、「これまでJ2でやってきたことがどれだけ通用するか、証明したい」と話していたMF。山形に残り、J1でさらなる飛躍を見せる。



    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20141216-OHT1T50168.html



    松本が戦力補強に動いていた宮阪選手。しかし、その報道の後、山形もプレーオフを勝ち抜きJ1昇格を達成!

    松本J1、山形J2だった場合は移籍の可能性は高いとみていましたが、どちらもJ1で戦うことになるので移籍はどうなるかな~と思っていましたが、残留へ!

    J1でもあのFKを見てみたい!




    【関連記事】





    SnapCrab_NoName_2014-5-4_11-14-49_No-00

    SnapCrab_NoName_2014-12-17_6-50-26_No-00

    SnapCrab_NoName_2014-12-17_6-50-44_No-00









    【山形、FKの名手・宮阪政樹が来季も山形残留へ!松本から獲得オファー受けていた】続きを読む

    ■来季はトップ昇格■

    SnapCrab_NoName_2014-12-14_22-19-35_No-00





    来季のトップ昇格も内定している山形ユース摂津颯登選手。

    字も達筆とは…ますます隙が無いGKですね



    【関連記事】







    SnapCrab_NoName_2014-12-14_22-24-46_No-00

    SnapCrab_NoName_2014-12-14_22-24-40_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-12-14_22-25-15_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-6-19_6-39-44_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-6-19_6-33-18_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-12-14_22-26-43_No-00










    天皇杯決勝
    G大阪 3-1 山形

    <得点者>

    [4分]宇佐美貴史(G大阪)
    [22分]パトリック(G大阪)
    [62分]ロメロフランク(山形)
    [85分]宇佐美貴史(G大阪)


    観衆:47,829人



    G大阪、J1昇格初年度の大偉業ですね…おめでとうございます!

    山形は主力を欠くなか健闘していましたね!

    とりあえず、山形も賞金5000万円おめでとうございます!



    MVPは豊田選手?


    SnapCrab_NoName_2014-12-13_15-55-6_No-00




















    スタメン
    SnapCrab_NoName_2014-12-13_15-56-13_No-00







    以下、twitterより
    G大阪の反応







    【【天皇杯決勝 G大阪×山形】G大阪、クラブ史上初の3冠達成!!山形も一矢報いて堂々の準優勝】続きを読む

    ■天皇杯決勝…勝つのは山形?G大阪?■

    ずっと先かもしれない。一生のうちにあるかどうか…。そう思っていたものが今年、現実となった。

    「元日」でも「国立」でもない。しかし、ここはまぎれもなく日本サッカーの頂点を決する舞台。リーグ戦終了から間もないタイミングで行われるのも例年との 違い。史上2クラブ目の3冠を狙うG大阪に、山形は熾烈なJ1昇格プレーオフを勝ち抜いたサバイバーとしての誇りをもって立ち向かう。結果を残し続け、多 くの山形県民、出身者、関係者を巻き込みながら進んできた「山形総力戦」は、初タイトルに手をかけて今季ラストマッチを迎える。

    2回戦からここまで5試合、リーグ戦と密接にリンクしながら勝ち上がってきた。
    最初の3試合はリーグ戦で出場機会がない多くの選手にチャンスが巡ってきた。「ここでの活躍をリーグ戦での出場につなげたい」。その思いを遂げるために も、チームが負けるわけにはいかなかった。選手個々のモチベーションの高さがハードワークや球際の強さ、チームワークとして表現され、勝利という結果を得 るごとに自信と一体感は深まりチームの底上げにつながっていった。ラウンド16・鳥栖戦は延長での1-0ながら、導入したばかりの新システム 3-4-2-1で圧倒し、3度目のベスト8進出を果たす。この試合のメンバーが、リーグ終盤を戦うチームの骨格となった。

    後の2試合はリーグ戦の主力がそのままピッチでプレーしながらの歴史を創る戦いだった。チーム史上初のベスト4を懸けた戦いは北九州とのJ2勢同士の対 戦。ここも1-0ながら内容では危なげないワンサイドの展開で勝利し、すべて1-0でクリーンシートは連続4試合に伸びた。準決勝はリーグ最終節から中2 日。先発メンバーを大幅に変えた千葉に2度追いつかれながらも、リーグ戦とほぼ同じメンバーで最後まで走りきり、3点目を奪って決勝の地にたどり着いた。

    昨年J2で対戦しているとはいえ、相手は今シーズンのJ1王者。宇佐美貴史、パトリックの2トップは強力、遠藤保仁を中心につなぐ技術も高い。山形はハイ プレスの連動性を欠いたり、チームのミスをカバーし合えない状態になれば、自陣ゴール前でG大阪の「個」が際立つ展開に持ち込まれることになる。しかし、 そこで腰が引けるようではこの舞台に立つ資格自体を問われることになる。

    「いままでやってるサッカーを勇気を持って出していくことが大事」と話すのは、柏の監督として第88回天皇杯でG大阪との決勝を経験している石崎信弘監 督。「実力が上のチームに対して臆してしまうと、なかなか自分たちのプレーが出せない。そうではなしに、チャレンジ精神で戦っていくことが一番大事なん じゃないか」。第87回大会4回戦、敵地・万博で直接フリーキックを決めている石川竜也も「G大阪は2冠のチームだし、しっかりした個の力もチーム力もあ るが、それに後手後手になったり、引いたりする気持ちはもちろんない。思いきりぶつかっていく、どんな状況になってもやりきるというのはある」とこの一戦 への覚悟を示す。

    第88回と89回、G大阪が2連覇した当時の主要メンバーだった山崎雅人は、J1昇格プレーオフ決勝に続くゴールを狙う。「優勝のチャンスはあると思う し、そのチャンスを生かすのも自分たち。厳しい時間のほうが多いと思うが、そこをみんなで乗り越えて、ゴールを取れるように頑張りたい」。その山崎ととも に天皇杯でチャンスをつかみ、2シャドーとして終盤のチームを牽引してきた川西翔太は期限付き移籍元のG大阪との契約上、古巣と最高の舞台での対戦は叶わ なかったが、「このチームは全員が守備の意識があるから、抜かれたあとにすぐカバーに入ったり、一人対応している後ろにカバー、そこにプレスバックして3 人いるとか、そういうことを徹底したらやられへんと思う」とハードワークをベースにした守備力で十分に対抗できると見ている。

    大きなものを背負って戦う選手たちを、現地まで大勢のサポーターが詰めかけて後押しする。さらに山形から、東北から、全国から、山形の勝利を願う人たちの 強烈な念が届くはず。仲間を信じ、労を惜しまず、チャレンジャーとして勝利をめざす。ふだんどおりの姿勢を貫けたなら、新しい歴史の扉をもう一つ開くこと も可能だ。


    引用元:http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00182806.html


    いよいよ今日は天皇杯決勝ですね。

    ただし、山形はキープ力と決定力が高い川西選手が出場できず(G大阪がレンタル元)、累積警告で左サイドのキム・ボムヨンが出場停止となります。チームとしての勢いはどちらも高いだけに、この差が試合に響きそうですね…


    ただ何があるのかが分からないのがサッカーの面白さ!山形にも、昨年J2王者のガンバにも何故か親近感がありますので、純粋に観戦を楽しみたいです。山形は勝てば賞金とACLが!山岸選手のセーブが楽しみです。

    日産スタジアムにて14:00キックオフ!




    SnapCrab_NoName_2014-12-13_8-59-35_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-12-13_9-0-26_No-00

    [ 第94回天皇杯 決勝 G大阪 vs 山形 ]


    いよいよ明日日産スタジアムで開催される、第94 回天皇杯前日本サッカー選手権大会決勝。横浜へ応援に来られる皆様を歓迎するため、12時50分頃、横浜市消防音楽隊によるドリル演奏が行われます。選手 入場時の「日本サッカーの歌」及び「日本国国家」演奏も行いますのでご注目ください!


    http://www.jsgoal.jp/photo/_prog/detail.php?c=00139729&search%5Bkeyword%5D=%93V%8Dc%94t





    【ACL組み合わせ】

    SnapCrab_NoName_2014-12-13_9-8-38_No-00

    SnapCrab_NoName_2014-12-13_9-8-48_No-00










    【いよいよ本日天皇杯決勝!!ガンバがクラブ史上初3冠か?山形は初優勝か】続きを読む

    選手とコーチ約25人を招いて食事会■
     J2山形GK山岸範宏(36)が8日夜、選手とコーチ約25人を招いて食事会を開催していた。

     11月度のJ2リーグMVPに選ばれたが、周囲への感謝を込め、賞金20万円の一部を還元。山形市内でもつ鍋を囲み、「このメンバーでやれる最後の試合。あと1戦、全員で頑張ろう」と結束を誓い合った。



    引用元:http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20141211-1407621.html


    もう山岸選手の行動全てが神がかり的なことに思えてしまいます…



    SnapCrab_NoName_2014-12-7_17-23-54_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-11-30_21-0-5_No-00


    SnapCrab_NoName_2014-12-5_21-24-5_No-00











    SnapCrab_NoName_2014-12-12_6-40-1_No-00

    ホルモン美味しいですよね
    【山形GK山岸範宏、11月J2MVPの賞金で選手・コーチ約25人を招いて食事会(もつ鍋)】続きを読む

    このページのトップヘ