カテゴリ:J2 > 東京V

    ギャリー・ジョン・ホワイト氏が新監督に就任■
     東京ヴェルディは12日、ギャリー・ジョン・ホワイト氏(44)が新監督に就任することを発表した。

     東京Vは、2006年11月からロティーナ氏が監督を務め、2年連続J1昇格プレーオフ進出に導いたが、惜しくも2008年以来のJ1復帰とはならず。9日に退任が発表された。

     ホワイト氏は、バハマ代表やグアム代表の監督を歴任。今年9月から香港代表の監督を務めていた。クラブを通じて「長い歴史と伝統、そして多くの実績がある素晴らしいクラブで監督として仕事ができることを誇りに思うとともに、とてつもないやる気に満ち溢れています。私は、これまでに東京ヴェルディのコーチングスタッフや選手たちが作り上げてきたポジティブな流れを引き継ぎながら、さらに明白な目標として、この象徴的なクラブとファンを元いた場所、つまりJ1リーグの舞台に戻すことを目指します」と語った。



    引用元:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?261355-261355-fl







    ロティーナ監督&イバンコーチが退任した東京V。


    新監督が決定し、ギャリー・ジョン・ホワイト氏の就任が発表されました。


    中々に凄い経歴で、ヴェルディ公式によると


    【実績】

    The FA Elite Coaching Award

    ホワイト氏は、The FA(イングランドサッカー協会)が立ち上げた特別な指導者養成コースの出身者です。このコースは2011年に始まったThe FAのプログラムで、将来のイングランド代表やプレミアリーグの監督を任せられる人材を育成するために40歳未満の若いイングランド人指導者の中からポテンシャルがあると判断した16人だけを集めてスタートしました。このプログラムには、現イングランド代表監督のサウスゲート監督も携わっており、ホワイト氏を始め、プレミアリーグの有力クラブや海外クラブへ指導者を輩出しています。







    さらに、指導歴も豊富な監督なようです。

    SnapCrab_NoName_2018-12-12_18-25-12_No-00




    まだまだ、知らないことだらけですが



    これは、期待大ですね!



    関連記事



    SnapCrab_NoName_2018-12-12_18-25-30_No-00






    twitterの声






    【東京V、新監督はギャリー・ジョン・ホワイト氏…実績と経歴が中々に凄い】続きを読む

    ■イバンコーチの最後のメッセージ■
    親愛なる東京ヴェルディの友人たちへ

     

    私はこの素晴らしいクラブで本当に幸せな2年間を過ごさせていただきましたが、本日をもって東京ヴェルディでの美しい日々に終止符を打つこととなりましたので、みなさんにお別れの言葉を伝えたいと思い、こうして“短い”手紙を書くことにしました。

     

    正直言って、すべての方々に対して適切な別れの言葉を探すことは、今の私にとって非常に困難です。なぜならば、時には涙がこみ上げてくるほどのこの高ぶる気持ちを言葉だけで表現することは不可能だからです。ですから今回は、みなさんと共有することができたこの素晴らしい日々を振り返りながら、(別れの言葉ではなく)私の素直な感謝の気持ちをみなさんにお伝えしようと思います。

     

    まずはじめに、羽生社長、竹本GM、山本強化部長、そしてすべてのクラブ関係者に感謝の気持ちを伝えたいと思います。この素晴らしい国で、素晴らしいリーグで、そしてこの素晴らしいクラブで指導に携わるチャンスを下さり、そして私たちのことを信頼し続けてくださり、本当にありがとうございました。

     

    次に、この2シーズンの間、共に戦ってきたすべての選手たちに感謝の気持ちを伝えたいと思います。いつも私たちを尊重してくれて、そして忍耐強く私たちについてきてくれてありがとう。あなたたちは、私が今まで指導に携わった選手たちの中で、最もプロフェッショナルな選手たちでした。私のしつこい指導に耐えてくれて、私がスムーズに指導できるように協力してくれて、そして監督と共に私があなたたちを導くことを受け入れてくれて本当にありがとう。結果的に、あなたたちと過ごした日々の中で、誰よりも多くのことを学ぶことができたのは、間違いなく私自身でした。あなたたちのおかげで、私は人として、そして指導者として成長することができました。あなたたちと共に成長できたことは、私にとって最高の喜びです。

     

    次に、広報スタッフのクラ(倉林佑弥)、チームマネージャーのゴリ(後藤雄一)、エキップメントマネージャーのタカシ(佐藤崇史)、そしてメディカルスタッフの植村さん、谷口さん、志賀、シン(福士森)、能登にも特別な感謝の気持ちを伝えたいと思います。選手たちに対して素晴らしいサポートを提供してくれただけでなく、“ひ弱な”私のこともしっかりとケアしてくれて、本当にありがとう!

     

    もちろん、苦楽を共にしたテクニカルスタッフの仲間たちにも感謝せずにはいられません。トニ、フジ(藤吉信次)、オキ(沖田政夫)、スガ(菅原智)、サワ(SAVA)、そしてマナト(小寺真人)、みんなの日々の努力、サポート、知識と知恵、そして新しいことを受け入れる広い心、それらすべてに対する感謝の気持ちを表現するための適切な言葉が見つかりません。本当にありがとう。また、時々夕食に連れ出してくれてありがとう。みんなのおかげで、毎晩“コンビニODEN”ばかり食べていては栄養が偏ってしまうことを私は学ぶことができました。本当に色々とありがとう。みんなは私にとって第二の家族です。みんなのことは一生忘れません。

     

    ロティーナ監督、もちろんあなたのことも忘れていません。改めて私のことを信頼してくださり、私の意見に耳を傾けてくださり、しつこい私に毎日耐えてくださり、良いお手本を常に示してくださり、そしてあなたの横でこの素晴らしい2年間を過ごさせてくださり、本当にありがとうございました。Gracias Loti!

     

    そして最後に、ヴェルディサポーターのみなさんに最大の感謝の気持ちを伝えたいと思います。私に最高の愛情を注いでくださり、そして歓喜の時も苦渋の時も常にチームに対して声援を送り続けてくださり本当にありがとうございました。(辛い時に聞こえてきたみなさんの声援は一生忘れることができないでしょう)

     

    “ヴェルディサポ”のみなさんこそが、東京ヴェルディの魂であり、誇りであり、血であり、そして心臓です。ですから、これからも“緑の志”と共に強く激しく叫び続けて東京ヴェルディを後押ししてください。そうすれば必ずや東京ヴェルディが本来いるべき場所であるJ1に返り咲くことができることでしょう!

     

    心から感謝を込めて

    イバン


    引用元:https://www.verdy.co.jp/news/7463?fbclid=IwAR3fl2kJVH7arQscy6nGigs4GIfqm7k0lu8SPzEKauNghFuZ1ob2iqXy7t0


    ロティーナ監督の退任に続き、イバンコーチの退任も公式に発表されました。

    最後のコメントを読むと、イバンコーチの人柄が伝わってくるようです。( ;∀;)

    コーチの退任で、このような長文のあいさつは中々記憶にありません。

    色々な方々への感謝の気持ちが述べられていました。

    そして、おでんのくだりはちょっと、クスッときました。




    ●イバンコーチコメント
    「みんなのおかげで、毎晩“コンビニODEN”ばかり食べていては栄養が偏ってしまうことを私は学ぶことができました。」




    う~ん、こういうところも愛される理由なのでしょうね。

    イバンコーチ、本当にお疲れ様でした。





    SnapCrab_NoName_2018-12-9_12-33-25_No-00

    まだまだ30代、来年はどこへ…?



    twitterの声





    【東京V、名参謀イバンコーチも退任へ…最後のメッセージが泣ける&おでん好きが判明】続きを読む

    ■ロティーナ監督がセレッソへ■
     C大阪の来季の新監督に、J2東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)が就任することが8日、分かった。東京Vの敗戦を受けて、来季に向けた組織づくりに本格着手。近日中にもチームの幹部がロティーナ氏の元を訪れ、正式契約をかわす見通しとなった。

     C大阪は昨季から率いた尹晶煥監督(45)が今季限りで退任。チームの掲げる育成方針に共感し、海外で活躍するOB選手に向けた練習場の提供などにも理解のある人材を中心に選定を進めてきた。海外指導経験が豊富で、守備戦術に定評のあるロティーナ氏に白羽の矢が立った。東京Vからの選手の獲得について、大熊チーム統括部長は「まだこれから」と話すにとどめたが、元U―21日本代表のMF渡辺皓太やMF泉沢仁らが候補に挙がっている。


    引用元:https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181208-OHT1T50307.html?from=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter



    前々から噂されていた東京Vのロティーナ監督の去就ですが

    プレーオフ後に報道各社からセレッソに就任との報道が出ています。

    昨日のプレーオフで磐田に敗れた東京Vですが、

    今季の東京Vの躍進は間違いなく、ロティーナ監督の手腕によるものでしょう。

    さて、どうなる…?



    SnapCrab_NoName_2018-12-9_8-31-29_No-00




    twitterの声




    【東京V・ロティーナ監督、セレッソ大阪の監督に就任と報道】続きを読む

    ■磐田がJ1残留へ■
    [12.8 J1参入プレーオフ決定戦 磐田2-0東京V ヤマハ]

     J1参入プレーオフは8日、ヤマハスタジアムで決定戦を行い、ジュビロ磐田が東京ヴェルディに2-0で勝利した。前半41分、先発起用に応えたFW小川航基のPK弾で先制し、後半35分にMF田口泰士が直接FK弾。J2リーグ6位からプレーオフを2連勝した東京Vの“下克上”を退け、J1の座を死守した。


    引用元:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260974-260974-fl


    緊張感のある試合でしたね!

    東京Vは組織的な動きでさすがでしたし、磐田もJ1らしいスピードとパワーがありました。

    ロティーナ監督の去就が気になるところですね…



    SnapCrab_NoName_2018-12-8_16-8-10_No-00




    twitterの声






    【【J1参入PO 磐田×東京V】東京V、下克上ならず…磐田が2-0で勝利】続きを読む

    ■GK上福元の強烈ヘディングがゴール呼び込む■
     最後に東京Vに奇跡が待っていた。アディショナルタイムは7分。終了間際に右CKを獲得すると、佐藤のキックがゴール前へ。これに合わせたのは最後尾から攻撃参加してきたGK上福元。強烈なヘディングシュートは相手に阻まれたが、こぼれ球をD・ヴィエイラが押し込み、土壇場で勝ち越しに成功した。そのままタイムアップ。東京Vは2007年以来、11年ぶりのJ1昇格に王手をかけた。(ゲキサカ)


    引用元:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260608-260608-fl


    東京Vのみなさん、おめでとうございます!

    さぁ後はジュビロ磐田との決勝戦を残すのみとなりました。

    6位からの下克上なるか!?


    しかし、プレーオフでのGKのヘディングとは、あれを思い出さずにはいられませんねぇ…( *´艸`)

    SnapCrab_NoName_2018-12-2_15-56-59_No-00










    SnapCrab_NoName_2018-11-25_15-11-15_No-00





    twitterの声





    【【J1参入PO2回戦 横浜FCvs東京V】終了間際の劇的弾で東京Vが勝利!GKのヘディングが勝利呼ぶ】続きを読む

    ■チケット即売会行われる■
    昨日行われた、J1参入プレーオフ1回戦。

    J2リーグ5位の大宮対6位東京Vの対戦。試合を制したのは、6位の東京V。
    試合後、東京Vのゴール裏にて、PO2回戦のチケットの売り買いや譲渡が行われたようです。

    というのも、PO2回戦は、リーグ3位の横浜FCのホームで行われるため、チケットの販売も横浜FC側が行っているのです。

    チケットが販売されたのが11月18日。そして、PO1回戦の後には完売していたため、このような事態が起きたようですね。( ;∀;)
    どう見るかは、見方が分かれるところですが、twitter上では様々なご意見がありました。

    私が知らないだけで、毎年行われていたりして…


    【参考】横浜FC公式

    2018シーズン横浜FC 「2018 J1参入プレーオフ」進出に伴うチケット販売開始のお知らせ







    SnapCrab_NoName_2018-11-26_20-25-40_No-00







    twitterの声









    【珍事態?プレーオフ終了後、ヴェルディ&大宮サポのPOチケット即売会が行われる】続きを読む

    このページのトップヘ