県総合グラウンド陸上競技場「kankoスタジアム」の命名権募集■
岡山県は、現在、岡山市の大手学生服メーカーが取得している県総合グラウンド陸上競技場「kankoスタジアム」の命名権について、来年2月で契約が切れることから、来年3月以降の命名権の取得を希望する企業の募集を始めました。

県総合グラウンド陸上競技場は大手学生服メーカー、現在の「菅公学生服」がおよそ5年前に県から年間1000万円で命名権を取得し、学生服のブランド名をとって「kankoスタジアム」と名付けられています。
この命名権の契約期間が来年2月で切れることから、岡山県は来年3月以降の命名権の取得を希望する企業の募集を始めました。

契約期間は3年から5年で、企業は命名権料として年間1500万円以上を支払うほか、敷地内の案内板の表示を新しい愛称に変えるための費用を負担する必要があります。

県では審査を行った上で12月下旬に契約先を決め、来年3月から新しい愛称の使用を開始することにしています。
県都市計画課は「さまざまな企業の提案の中から契約先を決め、財源確保に役立てたい」と話しています。


引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023299461.html?t=1416516345287





SnapCrab_NoName_2014-11-21_5-46-52_No-00

SnapCrab_NoName_2014-11-21_5-47-13_No-00

SnapCrab_NoName_2014-11-21_5-47-34_No-00


SnapCrab_NoName_2014-11-21_5-48-23_No-00


1000万円だった命名権料はファジアーノ岡山の好調に合わせて500万円アップしたそうです。