■藤井航大が町田へ■
     FC町田ゼルビアは30日、カマタマーレ讃岐からDF藤井航大(25)の完全移籍による加入が決定したことを発表した。藤井は東京学芸大から2013年に讃岐へ加入。今季はJ2リーグ戦30試合に出場し、2得点を記録していた。

     藤井は加入に際し、町田のクラブ公式サイトを通じて「ゴール前でとにかく体を張って、相手の攻撃を弾き返すところが武器なので、それを見てもらえたらと思います。初めての移籍ですが、個人として成長し、町田の勝利に貢献できるよう一生懸命やりますので、よろしくお願い致します」とコメントしている。



    引用元:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206662-206662-fl


    藤井選手は、イケメンで魂のディフェンダー!



    という印象で、熱いプレーが魅力ですね。



    本人も言っていますが、ハイボールを弾く力はずば抜けていますよね~




    要所で得点をとるところも武器ですね




    SnapCrab_NoName_2016-12-30_15-4-18_No-00


    SnapCrab_NoName_2016-12-30_15-4-45_No-00







    【カマタマーレ讃岐、DF藤井航大が町田ゼルビアへ完全移籍】続きを読む

    ■大黒復帰へ■


    大黒選手は2014年、2015年シーズンと京都で活躍しました。



    2014年には、26ゴールでJ2得点王に輝いています。



    今年は期限付きで山形に行っていましたが



    26試合出場で9ゴール…さすがの得点力です。



    大黒選手の一瞬の隙をついた飛び出しのゴールやワンタッチゴール、好きですね~



    もしかして来年の京都…


    闘莉王と大黒がいるんですかね…?







    【大黒選手の、ベストゴールノミネート】





    これはすごすぎる…






    【2014年J2得点王の大黒将志、京都サンガに復帰へ…今季は山形で9ゴール】続きを読む

    ■レオミネイロが契約満了、ヘニキは復帰■
     FC岐阜は29日、FWレオミネイロが期限付き移籍期間満了となったと発表した。併せて、DFヘニキが完全移籍で加入することが決まったと報告している。ヘニキは2014、2015シーズンに岐阜に所属しており、2シーズンぶりの復帰となる。

     クラブを通じてレオミネイロは「FC岐阜のファン・サポーターの皆さん、そしてスタッフの皆さん、これまでたくさんサポートをいただけたことに、とても感謝しています。この度、岐阜を離れ、新たなクラブに移籍することに決めましたが、在籍中、ずっと僕を支えてくれたFC岐阜を、心から応援しています。皆さんにとって2017年が幸多き年になりますように。ありがとうございました」とコメント。

     ヘニキは「私を優しく受け入れてくれた岐阜に戻ることができて非常に嬉しく思っています。全力で頑張りますのでよろしくお願いします」と挨拶した。



    引用元:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206560-206560-fl


    レオミネイロ選手の一発カウンター好きだっだな~



    爽快感がすごかったです。


    しかし、レオミネイロ選手…



    移籍先はどこ!??



    J2他クラブもありうる…?






    (…ヘニキ選手かわいい…)






    レオミネイロ選手のベストゴールノミネート




    SnapCrab_NoName_2016-12-29_20-5-33_No-00











    【今季13得点!岐阜のエース・レオミネイロが契約満了&ヘニキが2シーズンぶりの復帰】続きを読む

    ■喜山選手、岡山へ復帰■
    この度、ファジアーノ岡山では、松本山雅FCより喜山康平選手の完全移籍での加入が決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

    SnapCrab_NoName_2014-8-2_17-31-59_No-00



    ■本人コメント

     色々な思い出がある岡山の地で、再びフットボールができることに、とてもやりがいを感じていますし、楽しみにしています。

     サポーターの皆さんに、また熱く応援していただけるように、そして来シーズンは最後に歓喜で終われるように魂込めて戦っていきます。


    引用元:http://www.fagiano-okayama.com/news/p1473052672.html




    早くから松本からの契約満了が発表されていた喜山選手。



    どこに移籍するのかなと思っていたらなんと…



    岡山への復帰!



    山雅でバリバリの主力だっただけに



    なぜ満了だったのかも気になるところですね。



    個人的にはボランチで観たいな~

    SnapCrab_NoName_2016-12-29_13-51-43_No-00

    それにしても経歴がすごい…!










    【ファジアーノ岡山に喜山康平が復帰へ!松本山雅から完全移籍】続きを読む

    ■田口の退団が濃厚■
    今朝の中日スポーツによると、名古屋の田口選手の退団が濃厚になったとのこと。


     J2に降格した名古屋グランパスのMF田口泰士(25)が、今季限りで退団することが28日、濃厚になった。既に複数の関係者に移籍の意思を伝え、G大阪などと交渉を進めている。

     2017年まで契約を残す田口にはG大阪、鳥栖、柏、J2京都が正式オファー。グランパスは移籍金を事前に定めておらず自由に設定できるが、クラブ関係者は「あまりに高すぎる金額にはできない」と説明。移籍金を数億円に設定してプロテクトすることは国内の慣例的にも難しく、引き留めは困難な状況だ。

     関係者によると、鳥栖はフィッカデンティ監督が田口を高く評価し、シーズン終了直後からラブコールを送っている。G大阪はMF大森と阿部の移籍が決まり、12月下旬に争奪戦に加わった。田口は移籍先を熟考しており、年内には決断するとみられる。



    引用元:http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016122902000095.html



    う~ん…どうなるでしょう( ;∀;)。

    J2で観たかった…



    SnapCrab_NoName_2016-12-29_7-55-34_No-00






    【J2降格の名古屋グランパス、主将・田口泰士の退団が濃厚に…G大阪・京都などオファー】続きを読む

    ■川西&伊東が移籍へ■
    来季J2に復帰する大分トリニータは28日、モンテディオ山形のFW川西翔太(28)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。川西はG大阪から2014年に山形へ期限付き移籍。同シーズンの終盤にスタメンに定着すると、替えの利かない攻撃のキーマンとして、山形のJ1昇格および天皇杯準優勝に大きく貢献した。翌15年に完全移籍し、今季はJ2リーグ戦で37試合に出場して1得点を記録していた。

     川西は大分のクラブ公式サイトを通じて「大分トリニータの勝利のため、そしてJ1昇格のために、チームに貢献できるよう一生懸命努力していきます」とコメント。山形のクラブ公式サイト上では「今年は不甲斐ない試合ばかりでサポーターのみなさんに迷惑をかけました。しかし、この 3年間ですごく成長させてもらえたと思っています。また試合で山形に来た時は暖かい応援をよろしくお願いします」と思いを述べた。



       京都サンガF.C.は28日、モンテディオ山形のMF伊東俊(29)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。伊東は2010年に国士舘大から山形に加入。12年に背番号を24から10に変えると、同年の愛媛への半年間の期限付き移籍を挟み、山形で6年半プレーした。

     伊東は京都のクラブ公式サイトを通じて「京都がJ1に昇格するために自分の力を全て出していきます。来シーズン共に戦いましょう」とコメント。また、山形のクラブ公式サイトでは「山形の来シーズンの活躍を願っています。サポーターの皆さんも山形がより良いチームになるよう変わらない応援をお願いします。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。



    引用元:
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206456-206456-fl
     
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206469-206469-fl


    積極的な補強を続けていた山形ですが、中心選手の移籍となりました。


    特に、川西選手は山形のJ1昇格に貢献した選手ですね。


    キープ力がすごい…そして大分の補強も中々すごいな~



    関連記事




    川西選手
    SnapCrab_NoName_2014-9-27_11-27-41_No-00



    伊藤選手
    SnapCrab_NoName_2016-12-29_7-21-4_No-00












    【積極補強のモンテディオ山形、川西翔太が大分&伊東俊が京都へ完全移籍】続きを読む

    このページのトップヘ